一般財団法人 日本educe食育総合研究所

若返りパワー!「スプラウト」が持つ驚きの効果!

若返りパワー!「スプラウト」が持つ驚きの効果!

スーパーでもよくみかけるスプラウト野菜。
小さな芽ではありますが、栄養満点の食材でした!

【スプラウトとは】
スプラウトは、発芽して3日くらいの植物の若い芽で発芽野菜のことです。
スプラウトには、完全に成長した野菜よりもビタミンやミネラルなどの健康によい成分が豊富に含まれています。
植物の種子は発芽するとビタミンB群やCなどの各種ビタミンやミネラルなどの栄養素の量や種類がぐんと増えます。
その状態がスプラウトです。
例えば、えんどう豆が発芽した豆苗は種子の状態と比べてカロテンは51倍、ビタミンEは28倍、ビタミンKは20倍、ビタミンB2は2倍、葉酸は6.3倍に増加します。

【注目はブロッコリースプラウト】
スプラウトブームの火付け役はブロッコリーのスプラウト。
ブロッコリーのスプラウトにはがん予防効果が高い「スルフォラファン」という成分が成長したブロッコリーよりも抜群に多く含まれていたのです。
発芽3日目のスプラウトには成長したブロッコリーのなんと20~50倍ものスルフォラファンが含まれているといわれています。
つまり、スプラウトを少量食べるだけで、スルフォラファンをたっぷりと摂ることができるというわけです。

【抗酸化作用に期待!】
ブロッコリーのスプラウトに特に多く含まれているスルフォラファンは、アブラナ科の野菜に含まれるフィトケミカルの一種です。
とても強い抗酸化力を持っており、免疫力を高めてがんの原因となる活性酸素を除去する働きがあります。
また、新陳代謝を活発にするので、細胞の活性化を促し、美肌効果や老化予防などの美容効果も期待できます。
また、1度スルフォラファンを摂るとスルフォラファンによって生成された解毒酵素の働きが約3日間持続することが分かっています。
なので、3日に1度以上のペースで食べることをおすすめします。

今回は、ブロッコリーのスプラウトに特に多く含まれるスルフォラファンに注目しましたが、どのスプラウトにも高い栄養素が含まれていますので、たくさんの種類をぜひ食べてみて下さいね。

Text by ざわちゃん/食育インストラクター