夏休み!親子で調理 ~タコライス~

今年もやってくる長い夏休み…。
子どもたちにとっては嬉しいお休みですが、ママたちにとっては…!?
いつもの家事に加え、子どもたちの食事の準備などお世話でぐったり…。
大変ですよね。
そこで夏休みをママも楽しく乗り切るため、親子で簡単に作れるレシピをご紹介します!!
今回は、暑い夏にぴったり♪「タコライス」です。

【タコライスとは?】

沖縄料理のひとつで、タコスの具をごはんに盛りつけて食べる料理
タコスは、スパイシーに甘辛く味つけられた挽き肉(タコミート)と野菜、チーズ、サルサソースなどをトルティーヤ(とうもろこしを原料にした皮)に挟んで食べる伝統的なメキシコ料理です。
このタコスがアメリカのテキサス州やカリフォルニア州に広まり、アメリカ人好みに食べやすくしたテクスメクス料理(メキシコ風アメリカ料理)として浸透しました。
それから米軍経由で沖縄に広まり、少しずつ米軍周辺のレストランで提供されるようになりました。
タコスからタコライスへと変貌を遂げた理由は諸説あるようですが、沖縄の金武町の飲食店が発祥だといわれています。
今では認知度の高いタコライス。
沖縄料理店はもちろん、カフェやレストランなど幅広くメニューに取り入れられていますね。

それでは早速レシピをご紹介します。
今回はお子さんも一緒に作って食べられるようにしているので、辛さは控えめです。
大人の方は、サルサソースやチリパウダー、タバスコを加えるとグッと辛味が増しておいしく召し上がれると思います♪
お好みで加えてくださいね。


【簡単!タコライス】

<材料(4人分> 調理時間:20分
合挽き肉・・300g
玉ねぎ・・1/2個
にんにく・・1かけ
塩・・少々
粗挽き黒こしょう・・少々
サラダ油・・大さじ1/2
Aカレー粉・・小さじ1
A砂糖・・小さじ1
Aトマトケチャップ・・大さじ4
Aウスターソース・・大さじ2
A顆粒コンソメ・・小さじ1
Aしょうゆ・・小さじ2
レタス・・4枚
トマト・・1個
ピザ用チーズ・・40g
ごはん・・お茶碗4杯分

<作り方>
1. 玉ねぎ・にんにくはそれぞれみじん切りにする
2. トマトは1cm角、レタスは太めの千切りにする
3. ボウルにAを合わせておく
4. フライパンにサラダ油・にんにくを入れて弱火で熱し、香りがしてきたら玉ねぎを加え、中火でしんなりするまで炒める
5. (4)の玉ねぎ・にんにくを端に寄せて空いたところに挽き肉を入れ、塩・黒こしょうをふって焼き色がつくように両面焼く
※ 玉ねぎ・にんにくは焦げないようにときどき混ぜましょう
6. 挽き肉をほぐしながら全体を炒め、(3)を加えて水分をとばすように炒め合わせる
7. 器にごはんを盛り、(6)・レタス・トマト・ピザ用チーズの順に盛りつける

【子どもの調理!注意点】

  • 幼児のお子さんと一緒に調理する場合は、野菜の洗浄や一緒に調味料の計量をするとよいでしょう。
    また、レタスは千切りにせず、手でちぎってもらってもOK!
  • お子さんが包丁を使用する場合、包丁の持ち方や切り方など、手を切らないようにきちんと見てあげてくださいね。
  • 炊飯する場合は、お米のとぎ方、浸水の仕方、炊飯スイッチの入れ方など、このタイミングで教えておくと今後もお手伝いしてもらいやすいですよ♪

いかがでしたか?
子どもたちには、お皿を下げて洗ってふいて、お片付けするところまでしっかりやってもらいましょう♪
ママの負担も少しは減るかも!?
長い夏休み、子どもたちと一緒に楽しくお過ごしください♪

Text byくまこ/食育インストラクター